ロボット教室をやめた9つの理由からわかるデメリット

 

学校でのプログラミング教育が必修化されるにあたって

 

お子様をプログラミングが学べるロボット教室に通わせたほうがいいかどうかと悩んでいる方が増えているようです。

 

でも、実際に通わせてみるとすぐにやめたなんて話もあると知り、不安になっている方もいるのではないでしょうか。

 

そこでここでは、ロボット教室をやめた理由やロボット教室のデメリットについて調べてみました。

 

ロボット教室をやめた9つの理由

 

ロボット教室に興味を持ってお子様を通学させてみたにもかかわらず、辞めてしまうケースもあります。

 

実際にロボット教室を辞めてしまったケースから、その理由を9つ紹介しましょう。

 

月々の費用がバカにならない

 

ロボット教室にとにかく一度通わせてみるかとなったものの、月々の費用が負担になってきたという理由があります。

 

通わせるロボット教室にもよりますが、1回完結型の授業をしているところでも

 

カリキュラムは年間単位で組まれていたりすると、続けて通わせたほうがよいように思えてきます。

 

子ども自身が毎回楽しみにしていて、ずっと続けたいと希望するケースもあるでしょう。

 

家計を圧迫するとまではいかなくても、ふとしたタイミングでロボット教室の費用がなければと思ってしまうこともあるかもしれません。

 

ロボット教室に通うとなると、入会金は入会時のみの支払いが基本ですが、月謝に加えて教材費が毎月のようにかかるところもあります。

 

その場合はかなりの出費を覚悟しておかなければなりませんが、

 

ロボット教室によっては教材費が少ないところもあるので最初に確認しておくことをおすすめします。

 

詳しくは「ロボット教室の費用相場は?10社を比較!」のページをご覧ください。

 

各社の月謝・入会金・教材代・支払い方法など比較しています。

 

送迎が大変になった

 

大手のロボット教室ともなると、全国各地に100以上の教室を開講しているところもあります。

 

逆に、都心部にしか教室がない、教室数が全体的に少ないといったロボット教室もあります。

 

最寄りに教室はないけれど、ここに通わせたいというロボット教室も出てくるかもしれません。

 

そのとき、自宅からは遠くても通学させてみようかとなると保護者の送迎が必要になる場合があります。

 

中学生や高校生にもなれば1人で通える可能性もありますが、小学生や幼児のうちは、保護者が送り迎えをしないわけにいきません。

 

遠くて送迎が大変になり、ロボット教室を辞めてしまうケースは少なくないようです。

 

引っ越しした

 

引っ越しをきっかけに、ロボット教室を辞めたという方もいます。

 

ロボット教室は、月々の授業回数が少ないところでも2回は設定されています。

 

毎回お子様を送迎できるような距離ではなければ、どんなにお子様が気に入っていても辞めざるを得ないでしょう。

 

そんなときは、全国各地に教室を開講しているところを選ぶと、

 

お引っ越しをしても転居先でスムーズに最寄りのロボット教室に通いやすいでしょう。

 

先生や友達と気まずくなった

 

ロボット教室では、お友達と協力しあって作業したりお互いに学び合うようなシーンも少なくありません。

 

マイペースに集中しながらも、先生やお友達と良いコミュニケーションをとりながら作業を進められると、より楽しく通学できます。

 

もしも先生やお友達と上手くいかなくなってしまうと、お子様自身がストレスを感じてしまうかもしれません。

 

こじらせないうちに辞めようと考える保護者の方がいても、無理もないでしょう。

 

雰囲気や環境になじめなかった

 

ロボット教室には、それぞれに雰囲気や環境の特徴があります。

 

会議室のような場所で授業を受ける教室もあれば、カラフルなプレイルームのような環境にしている教室もあるのです。

 

どのような雰囲気や環境が良いかは一概にはいえませんが、お子様がなじめない場合は無理に通わせても意味がありません。

 

お子様が喜んで通えるような雰囲気と環境のロボット教室が一番です。

 

良い効果がわからない

 

子どもは文句も言わずに通っているけれど、本当にためになっているのかわからないというケースもあります。

 

ロボット教室に通うことが役立つか役立たないかの判断は、難しいところです。

 

むしろ、効果がわからないからとコロコロ習い事を変えることにも問題が出てくるかもしれません。

 

お子様が気持ちよく通っているうちは、続けさせてみるだけでもその価値はあるでしょう。

 

目的を明確にしているロボット教室を選ぶことも大切です。

 

進学、受験によりやめた

 

ロボットを作るのが楽しくて通っていたり、学校で必要になるからと通うお子様もいます。

 

将来的に理系やIT関係などに進みたいという意志がお子様にあるなら、

 

進学や受験を理由にロボット教室を辞める必要はないかもしれません。

 

しかし、ロボット教室は楽しいけれど進路は別の分野で選びたいという場合は受験勉強の妨げになると考える方もいるでしょう。

 

受験勉強の息抜きにロボット教室に通うというのも、ありかもしれません。

 

興味がなくなった、飽きた

 

お子様がロボット教室に興味がなくなってしまった、飽きてしまったという理由で辞めるケースもあります。

 

定期的に通う教室だけに、毎回同じような授業の繰り返しでは飽きてしまっても無理もありません。

 

子どもが飽きないような授業を続けてくれるロボット教室を選ばないと、早くに飽きがきてしまう可能性があります。

 

毎回教材が新しくなれば、子どもが飽きないとも限りません。

 

いつでも子どもの好奇心をかきたて、取り組んでいることを達成する力を養ってくれるような

 

カリキュラムになっているロボット教室なら期待が持てます。

 

授業内容についていけなくなった

 

授業についていけなくなった子どもは、ロボット教室への関心を失ったり、それ以上ストレスをかかえたくなくなって通いたがらなくなることがあります。

 

授業中に明らかについていけない場合、教室で過ごしている時間も無駄になる上に子ども自身が苦痛です。

 

全ての生徒が授業についていけるように、しっかりサポートしてくれる体制が整っていなければ辞めたくなるのも当然です。

ロボット教室をやめた理由からわかる3つのデメリット

 

こうしてロボット教室を辞めた人の理由を見てみると、代表的なデメリットが浮き彫りになってきます。

 

どんなデメリットが考えられるか、3つ挙げてみましょう。

 

月謝が高い

 

月謝などの費用負担が気になって、ロボット教室を辞めてしまうケースは圧倒的多数です。

 

お子様によっては、ロボット教室以外にも習い事をしているかもしれません。

 

習い事の合計費用がかさんできたとき、どれかを辞めるかとなったらロボット教室を選んでしまう可能性が高いようです。

 

その理由は、ロボット教室に通わせる目的がハッキリしていないことも関係しています。

 

費用が負担になることだけが問題の場合は、なるべく安い費用で通えて質の良いロボット教室を選べば問題解決です。

 

ロボット教室10社の料金比較▽

 

ロボット教室の費用の相場は?10社の月謝・入会金・教材代などを比較してみた

 

効果がわからない

 

子どもは喜んでいるようだけれど、ITや理系には疎くてどんな効果があるのかサッパリという保護者の方は少なくありません。

 

ただし、学校教育でプログラミング科目が必修化されることを思えばロボット教室は確実に役立つのです。

 

学校では教わらないことをロボット教室で先取りしたり、学校でついていけない部分をロボット教室で集中的に学ぶこともできます。

 

仮にプログラミング教育が必須科目にならないとしても、ロボット教室では問題解決能力や思考力、

 

プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力など、多彩なスキルを育めるようなカリキュラムが組まれています。

 

モノ作りを通して、達成感を体験することもできるでしょう。そうした目的を明確にしているロボット教室を選ぶことが大切です。

 

先生のレベル次第なところ

 

ロボット教室には、各地の教室によって先生のレベルが異なるという意見も出ています。

 

これにはフランチャイズで教室を増やしている大手が多いことも関係していますが、方針が合わないということもあるかもしれません。

 

いずれにしても、教え方の基盤がしっかりしているロボット教室や

 

どんな先生がいるかがわかりやすいロボット教室を選んだほうが効果的に続けていきやすいでしょう。

「すぐやめた」にならないようまずは体験教室へ行こう!

 

せっかく通い始めたロボット教室をすぐに辞めてしまうのは、

 

お子様の教育にも悪影響になる恐れがあります。

 

また、一度払った入会金は戻ってこないため、お金を損したと感じてしまうかもしれません。

 

そんなことにならないように、ロボット教室に通わせようか検討するときは

 

体験教室に参加してみることをおすすめします。

まとめ

 

ロボット教室が続々と開講されている中、続けていけるか、通わせやすいか、効果があるのかとあれこれ迷うのは当然です。

 

いつまでも迷っているだけではらちが開きませんから、気になるロボット教室を比較したり実際に体験教室に参加させてみてはいかがでしょうか。

TOPへ